ホップ

 ホップはステップタッチのハイインパクト版といったところではないでしょうか。 例では移動なしで行っていますが、通常は前後の移動を伴います。

<ポイント>

  • 踏み出す足は大きく、膝を使いしっかり重心を落とし、 腕もしっかりと引きジャンプする力を溜め込む。 ただし、胸を張る姿勢は維持し、猫背にならないようにする。
  • 飛び上がるときは膝を使うだけでなく、 引いていた腕を振り上げることにより高く飛ぶことを意識する。
  • 着地する際は足を閉じ、中途半端に開かないように注意する。
  • 例よりも体の向きの変化をつけたほうがベター。 すなわち、はじめは踏み出すほうを向き、飛びながら空中で 徐々に次に踏み出すほうを向く。